nanacoのクレジットチャージだけで最大5.5%還元できる方法があるらしい

真面目にトレードの記事でも書いたりしようと思いましたが、耳寄り情報が入ったのでそれを備忘録。

というかトレードの反省とかは無料noteに書いて、こっちにこういった備忘録的なことや普段の日記などを書く感じでいきます。

 

 

nanacoカードは言うまでもなく優秀なカード

f:id:ruminaru:20181116223450p:image

nanacoって税金も払えてPOSAカードも買えてQUOカード買って他の店舗で高還元率を達成できる、優秀な存在だと思います。(実際税金支払いでしか使ったことないけど…)

そんなnanacoの還元率を上げるには、クレカチャージで高還元率のカードを直接ないしnanacoギフトカードを間接的に使う必要があります。

今最高還元率が誕生日月だけ請求が5%OFFになるカードでチャージする方法なり、リボ経由で手数料を生贄にポイントを貰う方法だったと思います。

流石にそれを超えるのは無理かもしれませんが、今日買い物中に発見したのが、nanacoギフト経由のチャージだけで最大5.5%になる方法です。

 

 

ドンキでnanacoギフトが発売されていた

f:id:ruminaru:20181116223708j:image

どうやら、ドン・キホーテnanacoギフトカードの取り扱いが開始されたみたいです。

ドン・キホーテではPOSAカードの支払いにおいて、現金と自社電子マネーである「majica」カードの残高支払いが使用できます。

このmajicaカードはチャージした際にポイントが付与されるシステムになっているため、nanacoWAONのような切り捨てがなく一定の還元率を維持できます。

で、そのmajicaカードの還元率ですが、年間利用金額に応じて以下のようになっています。

f:id:ruminaru:20181116215122j:image

ランクはブロンズが年間20万以上、シルバーが50万以上、ゴールドが100万以上、プラチナが200万以上となっています。

プラチナの年間利用額は公式に書いてないですが、僕が現在ゴールドなので200万であることを知ってます。

 

 

ドンキのクレジットカードを使用すると最大還元率5.5%!

f:id:ruminaru:20181116223758p:image

(トリミング忘れた)

上記の還元率は、現金チャージの場合です。

ドン・キホーテのクレジットカード(セディナ・ジャックス)の「majica Donpen Card」でチャージをすると、プラスαで0.5%還元されます。

これを利用することで、最大で5.5%還元されるという…!

これと10000円QUOカードの180円ボーナスを組み合わせた最終的な還元率は7.3%になります。

 

 

驚異の還元率だが、そのデメリットは?

ドンキが出発点だからドンキが近くにないといけない

当たり前といえば当たり前ですが、まだドンキがない地域も多いので、そこは一考すべきでしょう。

nanacoギフトの上限もドンキで1日に購入できる金額も50000円という少なくない金額なので、一気に使う必要がなければ少し遠出してもいいかな?とは思いますが、以下の理由も視野にいれておきましょう。

 

majicaチャージのポイントはnanacoギフト購入時に使用できない

ポイントでnanacoギフト含むiTunesカード等のPOSAカードは購入できません。

なので、獲得したポイントは食品なり電化製品なり、別の方法で消化する必要があります。

 

ランク制故に最初の還元率が低い。

それでもmajica Donpen Card経由のチャージでしたらこの時点で1.5%ありますから、この時点でリクルートカードの1.2%を上回ってはいますけどね…。

 

あとがき。

正直現状の手段では年に一月、といった方法が多いので、恒常的に使用できる手段としての提案です。

僕はドンキによくいくので、nanacoギフトに新たな可能性があるのでは?と思っています。

 

最後チラ裏になるけど、今時本来不可能なプロパーのJCBからゴニョゴニョを二回してnanacoにチャージもできるから、こういう裏技的な知識ってすごいよね、と思う。

トレード始めてからポイント貯める方法調べて実践するより稼いだ方が自分にあってるのを感じたので、現在は昔の知識を応用してやってる程度ですが、皆さんの糧になればいいと思って今回思いついた方法を記事にしました。

でも今でも、nanacoが使えるからコイツに使える…とかedyだからポイント…というのがニューロンみたいに高速に繋がっていくからまだ現役かもしれない…